2016年11月28日

得票率97%、現職が圧勝 トルクメニスタ

旧ソ連の中央アジア・トルクメニスタンで12日、任期満了に伴う大統領選があった. インタファクス通信によると、現職のベルドイムハメドフ大統領が約97%を得票し、再選を決めた. 任期は5年. 選挙には国営企業幹部や地方行政幹部ら計8人が立候補したが、ベルドイムハメドフ氏が圧倒した. 投票率は約96%. 大統領は2期目も、豊富な天然ガスの輸出をてこに経済発展をはかる方針とみられる. 国の各地に自身の肖像画を掲げさせる個人崇拝や、インターネットの閲覧を規制する情報統制を続けるとの見方も強い. 旧ソ連の崩壊で誕生したトルクメニスタンでは、初代のニヤゾフ大統領が国中に自らの黄金像を建設するなど個人崇拝の体制を確立した. ベルドイムハメドフ氏は当初、開放政策を宣言したものの、前大統領と同様の路線をとっている. (モスクワ=関根和弘). 2日、柔道会場に「サプライズゲスト」がやってきた. ロシアのプーチン大統領だ. キャメロン英首相と隣り合って座り、白熱した試合を観戦した. 大の柔道好きで知られる. ロサンゼルス五輪の無差別級金メダリスト、山下泰裕氏との親交も深い. ビッグネームの来訪に会場は盛り上がり、観戦する大統領に向けてフラッシュが光った. にわかロシアファンが増えたのか、プーチン人気が高いのか. 男子100キロ級のハイブラエフ(ロシア)の試合になると、「ロシア! ロシア! 」の大合唱がわき起こった. 応援を力に変えたように、ハイブラエフは快進撃を見せる. 準決勝を勝ち上がり、迎えたモンゴル選手との決勝. 見事に一本勝ち. その瞬間、大統領は跳び上がった. キャメロン首相を始め、周りの人たちと握手、握手、握手. それでは収まらず、退場しようとするハイブラエフに駆け寄り、固く抱き合った. また、無数のフラッシュが光った. 見ていて気持ちよかったのは、政治的パフォーマンスを感じさせなかったことだ. 外交関係の諸問題で日本でも知られる大統領だが、この日は「本当に柔道が好きなおじさん」にしか見えなかった. (山田佳毅). 東京証券取引所は11日、3月期決算の上場企業1705社(1部、2部、マザーズの合計)の株主総会日の集計をまとめた. ピークは6月28日で、全体の41.6%にあたる709社が総会を開く. 昨年のピーク日(6月29日)は41.2%だったので、集中率はほぼ前年並み. 22、26、27日にもそれぞれ200社超が開き、28日を含めたこの4日間に全体の8割以上の企業が集中する.
posted by AsamiYasuka at 05:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください